So-net無料ブログ作成
検索選択

41年前の着物雑誌 by婦人画報 [本]

今日は母と目黒の庭園美術館へ。

その際、母が「おばあちゃん家にあったよ~」とこれをくれました。
RIMG0001.JPG
なんと!RIMG0002.JPG
昭和44年ですと!41年前!
母は当時まだ10代だったから、お祖母ちゃんが母の着物を誂える為の参考に買ったのかな?
母は、自分が買ったものではないと申しておりました。
RIMG0003.JPG
この方、奈美悦子さん。こんなに可愛いかったのか!いえ、今でも美しいですが・・・・ね。
RIMG0007.JPG
RIMG0008.JPG
時代を感じる髪型とメイク
でも意外に可愛い
RIMG0005.JPG
こんな感じで、着物を着たときの「美しい身のこなし」などや
RIMG0004.JPG
「着物を着る前の準備」などの記事も。
読みこむと為になること満載。
RIMG0006.JPG
今見てもとても素敵な着物。
41年経ても色あせない着物の魅力って凄いなあ。

着物って素敵。。。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

きものがたり [本]

51FY3V23MBL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

遅ればせながら・・・・というか、最近「宮尾登美子」さんhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B0%BE%E7%99%BB%E7%BE%8E%E5%AD%90の作品にはまっています。

宮尾登美子さんの作品を読むようになったきっかけは写真の作品。

『きものがたり』文春文庫 

恥ずかしながら、これまでお名前はもちろん存じてましたが本を読むのははじめて・・・・
これも、着物本の1つとして着姿など参考にしようと購入したもの。
映画は観てるのにね。

51AZ3EM5HDL__SL500_AA300_.jpg

『鬼龍院花子の生涯』とかね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E9%BE%8D%E9%99%A2%E8%8A%B1%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%94%9F%E6%B6%AF
4988101097753.jpg『櫂』とかね。http://www.amazon.co.jp/%E6%AB%82-DVD-%E4%BA%94%E7%A4%BE%E8%8B%B1%E9%9B%84/dp/B000069L1J/ref=sr_1_8?s=dvd&ie=UTF8&qid=1283477182&sr=1-8
31HC1RGSGPL__SL500_AA300_.jpg
『蔵』もね。http://www.amazon.co.jp/%E8%97%8F-DVD-%E9%99%8D%E6%97%97%E5%BA%B7%E7%94%B7/dp/B0009EVIOY/ref=sr_1_11?s=dvd&ie=UTF8&qid=1283477182&sr=1-11

「きものがたり」は宮尾登美子さんの『箪笥の中の着物とその着物にまつわるエピソード』が四季に絡めて綴られている。カラーページも多いので目の保養になります。
また、お着物が素晴らしいんですよ。
いわゆる柔か物が多いのですが、眺めてはうっとりしてます。

まあ、日常で着る着物というより、礼装用の着物が多いので参考になるかといえば、あれですが。
こんな豪華なお着物、誂えられる時があるのかどうか。。。。ね。

その後宮尾登美子作品を貪る様に読んでますが、どの作品も面白い!
そして、着物を子供の頃から着ていた宮尾さんの作品にはそこかしこに着物が登場してくる。

そろそろ、読みつくしてしまいそうな勢いです。
今は「クレオパトラ」を読んでます。
さすがに、着物は出てこないと思いますが、布を纏う女の気持ちは同じはず。
そこんとこ、どのように描かれているのか興味深々。

これから読書タイム入ります!








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。